白髪染めランキング(メンズ)おすすめ白髪染め

白髪染めランキング(メンズ)

男性の白髪染めランキングを紹介しています。

メンズ白髪染めは、酸化剤を利用して髪の内部から染毛剤を浸透させる製品と、髪の毛の表面をカラー剤でコーティングするヘアマニキュアの2 つの種類があります。

このページでは、かぶれ、かゆみ、腫れなどのリスクが少なく、頭皮にやさしいヘアカラーマニキュアタイプの白髪染めトリートメントを、ランキング形式で紹介しています。

抜け毛や薄毛の不安を抱えてる40代以降の男性の頭皮に、白髪染めトリートメントはおすすめです。

白髪染め・メンズとレディースの違い

白髪染めはメンズとレディースの違いはあるのか?気になりますよね。

ドラッグストアやスーパーに行っても、レディース用は種類も豊富にあり、色カラーもたくさんあります。

人気のある白髪染めを使ってみたくても「レディース用しか在庫がないのか〜」という経験があるかもしれません。

とは言え、レディース用はメンズ商品に比べて、染まりがマイルドのイメージもあります。

本当に男の髪に使用しても染まるかな、という不安も少しだけあるかもせれません。

白髪染めはメンズ、レディース、基本的にどちらを使ってもOKです。

男女兼用で、基本的な成分の違いはありません。

ただ、デザインの違いはあります。

男性の短い髪でも使用しやすいように、ブラシやコームがデザインされてるという特徴があります。

また、男性の短髪でも使用しやすいようにムースやクリームタイプが多く、色の展開も落ち着いたブラック系が多いです。

レディース白髪染めに比べてカラーバリエーションが少ないのも特徴です。

香りに関しても男女では好みが異なりますので、メンズ用は男性の好みに合わせて無香料モノが多く、レディース商品はフローラル系でツンとしないアロマの香りが多いかも。

白髪染めは、メンズ・レディースとの違いはなく、男女兼用でOKです。

色や香りで好みの商品を選んでみてはいかがでしょうか。

白髪染め・男性は色の選びが難しい?

メンズ用の白髪染めは何色を選べば良いのか?初心者なら迷うかもしれません。

基本的に好みの色を選べば良いですが、白髪の量が多かったり、早くしっかり染めたい場合はブラックがおすすめです。

地毛が明るい場合は、ブラウン系を選びましょう。

男性用の白髪染めは、レディース商品に比べて色のバリエーションが少なく、基本的にブラックとブラウンの2色展開が多いです。

どちらを選んでも問題ありませんが、好みの色を選ぶのが間違いないです。

また、白髪染めは、ファッションカラーのように明るくすることができません。

「全体的に明るい色にして白髪を隠したい!」という場合は、ホームカラーではなく美容師さんにお願いしてください。

髪と頭皮のダメージを抑えてキレイに染めてくれます。

白髪染め(メンズ)はトリートメントがおすすめ

白髪染めメンズトリートメントは、「最近、髪の毛がパサパサになって元気がない?」とか、「市販の白髪染めの成分が不安だな〜」とか、「抜け毛が気になる」という男性の頭皮におすすめです。

できれば、40代以降の男性に使って欲しいですね。

髪と頭皮をいたわりながら、優しく染めていきます。

白髪染めトリートメントデメリット

白髪染めトリートメントのデメリットは、酸化剤を利用したヘアカラー剤のようにしっかり染まらず、徐々に色をつけていくところ。

成分(酸化剤)とか気にならず、染まればOKという男性には向いていません。

白髪染めトリートメントメリット

メリットは、酸化剤を使用せずに、傷んだ髪を修復しながら白髪を染めていきます。

ノンジアミンタイプのものが多く、市販の白髪染めに比べてアレルギーリスクを抑えることができます。

また、髪の表面を保護成分でカバーするリンスやコンディショナーとは違い、髪の内部に有効成分を浸透させ、補修や保湿をしていきます。

傷んだ髪を整えながら白髪も染めたい、という男性にトリートメント染めはおすすめです。

薄毛の男性の白髪染め

白髪は1度だけしっかり染めれば完了というわけにはいかず、定期的に染め続けていかなければいけません。

白髪染めに含まれてる薬剤のダメージによる、薄毛や抜けの不安はあるのではないでしょうか。

40代以降の男性は、抜け毛や薄毛の不安を抱えてる人も多くいます。

白髪を染めたことが原因で薄毛になるというわけではありませんが、かぶれ、かゆみ、腫れ、あかみなどのアレルギーを発症させるリスクもありますので、ケミカル染めはできればやりたくないところです。

5年、10年、と付き合っていく作業なら、できるだけ髪と頭皮に優しい成分が使われてる製品を使いたいですよね。

また、白髪を染め始めると、途中で「面倒だからやめ〜た」というふうに、気軽にストップすることが難しいです。

仕事などを含めた社会的なコミニケーションを考えると、黒髪から一気に白髪頭に変わることに対して抵抗を感じる男性も多いんじゃないでしょうか。

抜け毛、薄毛の不安を抱えてる男性なら、できるだけ頭皮に優しい成分が使われてる白髪染めを使いたいはず。

白髪染めトリートメントは、酸化剤を使用していない非ジアミンのものが多く40代以降の頭皮におすすめです。

ただ、酸化染毛剤に比べると染まりが優しく、1回で染まらないこともあります。

1回で染まらないということは、逆にいうと、頭皮と髪に負担がかかりにくいということ。

使い続けていくうちに色に深みが増して濃くなっていく感じです。

「染められたらOK!」という男性には不向きですが、頭皮のダメージが気になる人は、1度検討してみてはいかがでしょうか。

薄毛や抜け毛の不安を抱えてる、40代以降の男性の頭皮におすすめです。

男性の白髪染め口コミ

白髪染めは、いろいろな種類があり、どれを選んで良いのか、迷うこともあります。

選ぶポイントは、頭皮と髪の毛の健康を含めた未来像を見据えながら、長期的な視点で選ぶこと。

白髪を染める行為は、直接、地肌に触れますので、ダメージを抑えられる製品を選びたいものです。

メンズ 白髪染め シャンプー

男性の頭皮に白髪染めシャンプーは染まるのか?ということも気になります。

いつものシャンプーに替えるだけで白髪を染めることができたら楽チンですよね。

白髪染めシャンプーも、白髪染めトリートメントと同じヘアマニキュアです。

ヘアマニキュアなので酸化剤を使用していないノンジアミンの白髪染めです。

ただ、白髪染めシャンプーは、回数を重ねるごとに白髪に色をつけていき、全体的にぼかして馴染ませていくタイプです。

1回、2回では色はつきませんが、5回くらいから色がつき始め、1本使い切る頃には目立たなくなっています。

即効性がある染め方ではありませんが、天然由来の植物成分も配合されていて、頭皮と髪へのダメージがほとんどありません。

男性の皮脂もしっかり洗い流しながらも、徐々に白髪に色をつけていきます。

白髪染めトリートメントと一緒に使用することにより、キレイに染まり、色の定着も良くなります。

「毎日の仕事が忙しいくて染めるのが面倒!」という男性でも、いつものシャンプーに替えるだけですので続けやすいですよ。

白髪染めシャンプーも検討してみてはいかがでしょうか。

白髪染めランキング(メンズ)

40代、50代の男性の頭皮におすすめな白髪染めランキングです。

ルプルプヘアカラートリートメント

髪と頭皮にやさしく、トリートメント効果感じながらもしっかり染めてくれるヘアカラートリートメントです。

カゴメ昆布から抽出したフコイダンで、保湿しながら優しく染めていきます。

マイナチュレヘアカラートリートメント

マイナチュレカラートリートメントは、業界初のオールインワンケアです。

白髪ケア、スカルプケア、ヘアケア、エイジングケアと4つのケアを1本で実現しています。

POLAグローイングショットカラートリートメント

POLAからでたヘアカラートリートメントです。

「染める」と「修復」の2つを1本でカバーします。

POLA独自の技術で染まりが強くなっています。

利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメントは、利尻昆布配合のカラートリートメントです。

使うたびに徐々に染まり、頭皮と髪に優しい無添加です。

白髪染めメンズビゲン

メンズビゲンシリーズは、できるだけ簡単に安く抑えたい男性におすすめです。

商品ラインナップもたくさんあり、用途に合わせて試して見るのも良いかもしれません。

メンズビゲンカラーリンス

メンズビゲンから出たシャンプー後に使用するリンスタイプの白髪染めです。

メンズビゲン・ワンタッチカラー

片手で簡単に染められる

メンズビゲン・ワンプッシュ

ワンプッシュしてブラシにつけるだけ

メンズビゲン・ムースカラー

手に取りサクッと塗るだけ

メンズビゲン・スピーディーⅡ

多い白髪におすすめです

白髪染め メンズ アッシュ

白髪をアッシュ系の色に染めたいと思う男性も多くなってきました。

アッシュ系というと、黒髪までシルバーに染めて白髪を目立たなくさせるというイメージがあります。

そういう染め方を望む場合は、美容院でプロの美容師さんに相談しながら進めていくのがおすすめです。

もっと手軽にグレー系に染めたいなら、メンズビゲンのグレーヘアを試してみてはいかがでしょうか。

メンズビゲン・グレーヘアは、黒髪まで染めることはできませんが、白髪だけをグレーに染めてくれ、お手軽に自宅でアッシュ系が楽しめます。

カラー展開は、ナチュラルグレー、ダークグレーの2色です。

白髪染め(男性)美容院

白髪染めは、ホームカラーと美容院(サロン)はどちらが良いのか?

男性の場合、美容院(ヘアサロン)に通って白髪を染めることは「面倒くさい」と考える人は多いです。

簡単に安く染められるんだったら何でも良い、という男性は多いですよね。

女性に比べて男性は髪型やヘアケアに無頓着な部分があります。

しかし、男性特有の薄毛や抜け毛の悩みを抱えてる人は多く、女性と同じくらいに成分にこだわったり、できるだけ刺激の少ない染め方を選ぶことが、実は、長期的な視点から頭皮と髪にとっても得策になるのです。

美容院は、美容師さんが髪質や部位によって薬剤を調整しながら染めてくれますので、自宅で染めるよりはダメージを抑えられてキレイに仕上げることができます。

「白髪染めって面倒だから安くて早く染められるので良いよ!」と考えてるなら、1度ヘアサロンに行ってプロの美容師さんにお任せでお願いしてみてください。

ダメージを抑えられてキレイに染めてくれますよ。

しかし、どうしても仕事の関係で、定期的に美容院に通うことが難しいという男性もいます。

また、抜け毛や薄毛の不安を抱えてる男性や、酸化剤の刺激が不安だと感じてる人も多いです。

そういう場合は、傷んだ髪を修復しながらゆっくり染めていく白髪染めトリートメントがおすすめです。

白髪染めランキング(メンズ)まとめ

白髪染めは大きく分けると2つあります。

酸化剤を使用して髪の毛の内部から染毛剤を浸透させるヘアカラー剤。

髪の毛の表面をコーティングするヘアマニキュア。

どちらもメリット、デメリットがあります。

酸化剤を使用した白髪染めは、染め力はありますが、ジアミンによるアレルギーのリスクがあります。

ヘアマニキュアタイプの白髪染めは、頭皮に優しくジアミンを使用していませんが、染め力が弱く徐々に色をつけていきます。

「染められれば何でも良い」という男性なら、ドラッグストアで気軽に手にはいるヘアカラー剤でもOKです。

安く染めることができ、気軽に始めることができます。

成分にこだわりたい人や、抜け毛や薄毛の不安がある男性には、傷んだ髪も修復できるトリートメント染めがおすすめです。